経過報告

昨年の10月から、リハビリを初めて5ヶ月が経ちました。

最初の頃は、右手親指の第3関節から曲がっていたのですが、リハビリのおかげで第3関節のほうはまっすぐになってきて今は第1関節から直角に曲がっている状態まで回復してきました。

ピアノを弾くときは力を抜いて弾かないと、早いパッセージは弾けません。力を抜くと親指の第1関節は、クイッと曲がってしまいます。

ユースト生演奏以外は、普段は両手で弾いていません。リハビリで鍵盤を触ったり、ものすごくゆっくり打鍵したりということは毎日しています。

ユースト生演奏を見られた方はおわかりかもしれませんが、指に無理な力を加えて両手で弾くことはできます。

原因となる動作をすると指が意図しない方向に巻き込んでしまうというのがこの病気の特徴とも言われていますが、私の場合は普段の何気ない生活の中でも曲がります。ピアノを弾く以外では、

・キャップ式の缶とか、キャップが回しづらい。

・ペンが持ちづらい。

・コップが持てない(リハビリで回復してきて持てるようになってきました)

・右手でマウスが持てない(親指と人差し指が隣接しているため、うまくバランスがとれず人差し指に力が入らない)

・パソコンのタイピングが苦手(ピアノを弾く時と同じ感覚)

・顔を洗う時に親指が当たってひっかかる

・紙幣を右手で持てない(これもリハビリで回復してきて持てるようになりました)

という感じです。

でも今後、リハビリをしていく中で上記に記載したことが徐々にクリアになっていくと思っているので、今現時点で感じていることを書きとめてみました。

また、自分のためにですがリハビリの経過をたまに書こうと思います。

yubi

投稿者:

shiratama

ジャズっぽいピアノを弾いてます☆ イラストたま〜に書いてます(● ̄(エ) ̄●)ゞ チーズ大好物。お洒落大好物。