孤独と虚無感の中で思うこと

今年はずっと指のリハビリに専念した1年でした。

昨年の10月くらいから、本格的にリハビリをやってきて、当初は右手を使って無理な指の動きをして両手で演奏したりしていた時期もありました。

でも急に調子が悪くなったり不安定な状態になりがちでした。

そのうち絶対に治したいという気持ちが強くなってきて、両手で弾くことを途中からやめました。

今はリハビリの過程で、両手で少しづつ弾く練習をしています。

メトードローズとハノンを使ってます。メトードローズはこの1年ずっと使っている教材です。

8小節の練習曲をゆっくり弾くことを繰り返しやっていました。

そして最近のことですが、この教材の中にある曲を力を抜いて弾けるようになってきました。ドレミファソファミレドもまともに弾けなかった時期から考えると、心から嬉しいと感じました。

虚無感に耐えるような1年でした。心の持ちようや在り方をどうしたらよいか悩む日々がずっと続いている状態。

でも左手で弾くための身体の使い方を学び、少しづつ気持ちに変化が出てきました。

動画はごくたまに上げてはいましたが、人前で片手演奏することは難しいと思っていました。片手で演奏することは、体の負担がかなり大きいので、下手な身体の使い方をすれば簡単に左手も壊しかねないリスクがあります。

でも挑戦してみたいと思うようになってきました。

片手だと人前で演奏するには30分が限界なのかな〜と思っています。まだ、実際に経験していないのでなんともいえませんが。

曲を考えたりお店を探したり下準備も必要になりますが。

自分自身の挑戦。

もしやるなら1人でやってみたい。

そんなことを悶々と考えています。