孤独と虚無感の中で思うこと

今年はずっと指のリハビリに専念した1年でした。

昨年の10月くらいから、本格的にリハビリをやってきて、当初は右手を使って無理な指の動きをして両手で演奏したりしていた時期もありました。

でも急に調子が悪くなったり不安定な状態になりがちでした。

そのうち絶対に治したいという気持ちが強くなってきて、両手で弾くことを途中からやめました。

今はリハビリの過程で、両手で少しづつ弾く練習をしています。

メトードローズとハノンを使ってます。メトードローズはこの1年ずっと使っている教材です。

8小節の練習曲をゆっくり弾くことを繰り返しやっていました。

そして最近のことですが、この教材の中にある曲を力を抜いて弾けるようになってきました。ドレミファソファミレドもまともに弾けなかった時期から考えると、心から嬉しいと感じました。

虚無感に耐えるような1年でした。心の持ちようや在り方をどうしたらよいか悩む日々がずっと続いている状態。

でも左手で弾くための身体の使い方を学び、少しづつ気持ちに変化が出てきました。

動画はごくたまに上げてはいましたが、人前で片手演奏することは難しいと思っていました。片手で演奏することは、体の負担がかなり大きいので、下手な身体の使い方をすれば簡単に左手も壊しかねないリスクがあります。

でも挑戦してみたいと思うようになってきました。

片手だと人前で演奏するには30分が限界なのかな〜と思っています。まだ、実際に経験していないのでなんともいえませんが。

曲を考えたりお店を探したり下準備も必要になりますが。

自分自身の挑戦。

もしやるなら1人でやってみたい。

そんなことを悶々と考えています。

経過報告2

現在も毎日かかさずリハビリを続けています。

良くなったり悪くなったりを繰り返している状態が続いていました。ですがここ最近になって今までにないくらい良い状態を実感として感じられるようになってきました。

力を抜いて何もしていない時(ただ立っている、座っている、歩いている時。。)でも、右手の親指が巻き込んでしまい指の感覚が気持ちが悪い状態だったのですが、今は巻き込む力が取れて、自然な感じで指全体が楽な状態になってきました。

自分自身、一番不安だったことは働きながらリハビリを続けることでした。普段は右手にペンを持ちイラストを描いたりなどデザインの仕事をしていますが、長時間ペンを持つことでなにかしら指に影響が出てしまうのではないかという不安でした。

でも、連日長時間のお仕事が続いた状態でも指の良い状態をキープすることができるようになりました。

それは私にとってかなりの自信につながることだと思っています。

前述のとおり普段の生活のときは、親指が巻き込んでいく力がなくなってきたのですが、

いざピアノの鍵盤に手を置くといつもと変わらず親指が巻き込もうとします。

でもきっと近いうちに鍵盤の上に自然と手を置くことができ、無理な力が入ることなく両手でピアノが弾けるようになっていると確信しています。

本当にちゃんと両手で人前で聴かせられるようなピアノが弾けるようになるには、指の個々のバランスや落ちてしまっている筋力を含めまだ時間はかかるだろうな〜と思っています。

それまでは心を強く持ち続けることが今の私の課題だと思っています。

昨年の春、局所性ジストニアと診断されてから、もうピアノが弾けないのだったら生きている意味があるのかな〜と当時はかなりナーバスな状態にいました。

でもなんとかリハビリを今も続けてこられたのも絶対に治したいという気持ちだけです。

自分の人生の中で、ずっとピアノが心の中に存在し続けていて、私の中ではピアノという楽器は切っても切り離せない仲です。

ピアノは一生続けていきたいですし、これからももっと上手くなりたい。人に聴いてもらえそうな演奏が弾けたら誰かに聴いてもらいたい。

だから両手でまたピアノが弾けるようになりたいです。

しらせ見学会

昨日は、南極観測船「しらせ」の中を、見学しに行きました!

日本から14,000kmも離れた南極へ、大波にあおられ、氷をわりながら進む航海。大きなお仕事を果たして引退したんだなって、すごい船です。船の中を見学するの初めてだったので、とても楽しかったです! レトロな感じが味があって良かった。

IMG_1017

————————————————————————————————————————–

また、指の調子をブログに書きとめます。

この前は、フォーカルジストニアを経験されたピアニストの方にお話しをお伺いに行きました。今後のリハビリに役立つ情報をいただいて、とても勉強になりました。

徐々にですが、親指以外の指(人差し指・薬指・小指)も少しづつ調子が悪くなっていっているような感じもしていたので、このタイミングでお話しをお聞きすることができて、奇跡というか本当に良かったと思っています。

症状が重いということは、病院での診断で知りましたが、自分自身が思っている以上にケアが必要だと感じました。

パソコンに関しては、今までどおりなるべく無理しない程度に使おうと思っていますが、ピアノに関しては、指の複雑な動きを要するので、私の今の重症度だと右手はリハビリに集中して、しばらく弾くことは控えようと思っています。

なので左手で演奏に挑戦してみようと思いました٩( ‘ω’ )و オー♪

勉強&経験かもって思いました! それに、左手で代用して弾けるだけでもありがたい。

それで左手だけで弾いてみたところ、なんとなくいけそうな気がしてきました。だけど、なんとなく左手の調子も若干動きが変なような、、。(恐るべし(汗)

でも、この病気のことについて段々と見えてきた気がするので、これからは指のケア、本気で頑張ろうと思います。

フォーカル・ジストニア

ここ1〜2年程、右手の人差し指と親指の感覚が鈍くなり、手を開くと親指がつっぱって、オクターブ演奏が弾きづらかった。

特に親指は勝手に、指が巻いてしまってた。まともに叩けない瞬間もあるので、他の指でごまかしていました。

生活に支障を来すほどではないのだけど、右手でカップを持ったり、ペンを持ったり、パソコンでキーボードを打つときにとても指の違和感を感じてた。

昨日、やっと手外科の先生に診てもらいました。フォーカル・ジストニアでした。

ピアノはずっとやっているけど、私は音楽学校出身でないし、音楽の知り合いもあまりいないので、こういった病気があることを初めて知りました。(テレビのニュースでは、やっていたらしいので、私が知らなすぎなのかな〜)

訳のわからない症状だったから、病名を聞いてショックというよりは、こういう病名があったんだとホッとしました。

治療法はないみたいですが、その症状を患った喫煙者の人が禁煙をした途端に治ったという事例もあったそうです。(先生が言っていました)

今後は、別の先生にも診ていただいて、治療法を一緒に考えましょうということだった。

また、進展があったらブログに書こうと思っています。

hand